萩原健一さんの病GISTとは?10万人に1~2人!

スポンサーリンク

2019年3月29日、俳優の萩原健一さんが26日の午前10時30分に都内の病院で亡くなったことが発表されました。
お悔み申し上げます。

萩原健一さんは、2011から、GIST(消化管間質腫瘍)を患っており、闘病してきたそうです。

この記事では、GIST(ジスト)について調べたことをまとめました。

 

 

スポンサーリンク

萩原健一さんの病GISTとは?

 

GIST(ジスト)は、消化管間質腫瘍を示す英語Gastrointestinal Stromal Tumorの略称です。

胃や小腸など、消化管の壁にできる悪性腫瘍の一種。病変が大きくなっても自覚症状が少ない腫瘍といわれる。
国立がん研究センターのホームページによると、発生頻度は10万人に1~2人と少なく、希少がんの1つに位置づけられており、日本では発生部位として胃の割合が70%、小腸20%、大腸および食道が5%とされている。

 

また、GIST(ジスト)は、10万人に1~2人の確立で発症する大変希少な病であり、がんセンターの説明によると、吐き気、腹痛、下血、吐血を発生させるだけでなく、それに伴う貧血が起こることもあるといいます。

 

ファンや仲間からは「ショーケン」のニックネームで親しまれていた、萩原健一さんです。
あまりにも早すぎる死に、多くの人たちが悲しみを隠せずにいます。

萩原健一 「大阪で生まれた女」LIVE at シアターコクーン

68歳という若すぎる他界です。
ご冥福をお祈りします。

ニュースのこと
スポンサーリンク
まんぷくびより

コメント