廣中邦充の家族は?息子や妻を調査!『ザ・ノンフィクション』12月27日

スポンサーリンク
テレビのこと

廣中邦充の家族は?息子や妻を調査!『ザ・ノンフィクション』12月27日

2020年2月2日放送の『ザ・ノンフィクション』に廣中邦充(ひろなかくにみつ)さんが出演されるそうです。

廣中邦充(ひろなかくにみつ)さんは、愛知県・岡崎市の山の中にある小さなお寺で、様々な理由から親元で暮らせなくなった子供たちの「平成の駆け込み寺」とも呼ばれる居場所を提供していた和尚さんです。

『ザノンフィクション』に出演される廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚は、2012年頃に肺がんを患い2019年4月16日に亡くなられています。

亡くなられてからもなお語り継がれる廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚の軌跡。

『ザ・ノンフィクション』では、2019年6月に放送した「おじさん、ありがとう」が放送されています。
今回はもう一つの廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚と15歳の非行少女・モモコさんの物語が放送されるそうです。

この記事では、『ザ・ノンフィクション』に出演されていた廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚の家族のこと、

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚の結婚した(嫁)である奥さまのことや子供さんである息子さんについて調べたことをまとめています。

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚のプロフィールも紹介していますので合わせてご覧いただけたら幸いです。

※2020年4月22日(水)に開催された国際メディアコンクール、ニューヨーク・フェスティバルで「ザ・ノンフィクション おじさん、ありがとう~ショウとタクマと熱血和尚~」がドキュメンタリー・宗教哲学部門の銀賞を獲得されたそうです。
おめでとうございます!

スポンサーリンク

廣中邦充の家族は?『ザ・ノンフィクション』2月2日

 

『ザ・ノンフィクション』に出演され、愛知県・岡崎市の山の中にある小さなお寺で、様々な理由から親元で暮らせなくなった子供たちの「平成の駆け込み寺」とも呼ばれる居場所を提供していた廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚の家族について見ていきましょう。

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚には、妻(嫁)である奥さまと、子供さんがいます

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚の妻について

 

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚の妻は、待子さんと言うそうです。

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚と妻である待子さんは中学生の時からの同級生だそうで、長い間苦楽を共にした分互いのことを理解し協力し合えたのではないのでしょうか。

待子さんも西居院で廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚と一緒に子供達のお世話をしているそうです。
主に食事係とのことです。

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚の妻である待子さんは、普段は看護師として働いており

西居院の経営は主に待子さんの給料と檀家さんからの差し入れや廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚の講演会の料金で賄われているそうです。

それゆえに子供達を無償で預かることができていたんだとか。

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚の子供について

 

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚には、子供さんもいます。

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚は、子供さんのPTAの役員や会長もしていたこともあるそうです。

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚の子供さんの情報については、2020年2月2日放送の『ザ・ノンフィクション』の番組放送中に何か分かったことがありましたら追記していきます。

スポンサーリンク

廣中邦充のプロフィール『ザ・ノンフィクション』2月2日

 

『ザ・ノンフィクション』に出演され、愛知県・岡崎市の山の中にある小さなお寺で、様々な理由から親元で暮らせなくなった子供たちの「平成の駆け込み寺」とも呼ばれる居場所を提供していた廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚のプロフィールを紹介します。

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚のプロフィール

 

 

 

名前:廣中 邦充(ひろなか くにみつ)
愛称:やんちゃ和尚
生年月日:1950年8月28日
享年:2019年4月16日
出身地:愛知県岡崎市
職業:
浄土宗西居院第二十一代目住職
教育評論家

 

 

廣中邦充和尚は、愛知県岡崎市真福寺で西居院の住職の次男として生まれます。

廣中邦充和尚の愛称である「やんちゃ和尚」と言われているのが分かるくらい、廣中邦充和尚の少年時代は相当なワルだったようです。

当時の不良のスタイルである長ランにラッパズボンという服装で学校に行き、地元でも有名だったそうです。

高校時代に暴力事件も起こし、警察のお世話に何回もなったそうです。

廣中邦充和尚が高校生の時に退学になりそうになった際に、担任の先生が泣きながら警察に土下座して謝り「再生させる」と誓ってくれたそうです。
廣中邦充和尚はその後、担任の先生の元で1カ月間面倒を見てもらったんだとか。

しかしその甲斐もなく廣中邦充和尚は高校時代に無期停学になり、退学になってしまいましたが、担任の先生が自分のためにしてくれたことはきっと廣中邦充和尚の中に残っており、それが今までの廣中邦充和尚の軌跡となっていたのではないかと思います。

そんな廣中邦充和尚だからこそ、心に穴の開いた少少女たちを心で通じ気持ちを通わせることができるのではないかと思っています。

廣中邦充和尚は、心に問題を抱えた少年少女たち約770名を無償で預かり更生させてきました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ありがとう子どもは悪くない! やんちゃ和尚これで子どもは救われる [ 廣中邦充 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/2/1時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

子どもは悪くない! 道に迷った子どもたちとやんちゃ和尚の心の交流 [ 廣中邦充 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/2/1時点)

楽天で購入

 

 

スポンサーリンク

廣中邦充の西居院の現在を調査!『ザ・ノンフィクション』2月2日

 

『ザ・ノンフィクション』に出演され、愛知県・岡崎市の山の中にある小さなお寺で、様々な理由から親元で暮らせなくなった子供たちの「平成の駆け込み寺」とも呼ばれる居場所を提供していた廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚の駆け込み寺「西居院」の現在を調査しました。

「平成の駆け込み寺」とも呼ばれる居場所「西居院」を提供していた廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚は、2019年4月16日に肺がんのため亡くなられています。

その後の「平成の駆け込み寺」とも呼ばれる居場所「西居院」はどうなったのでしょうか?

「平成の駆け込み寺」とも呼ばれる居場所「西居院」は、廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚が闘病生活に入られてからは、子供たちを受け入れていなかったそうです。

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚が亡くなられた後でも「平成の駆け込み寺」とも呼ばれる居場所「西居院」には悩みを抱えている子供を持つ親や子供から手紙が届くそうです。

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚は、闘病生活で入院していた時でさえも病院を抜け出し東京公演に参加されたりもしていたそうです。

今もなお必要とされている「平成の駆け込み寺」とも呼ばれる居場所「西居院」。

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚の跡を継いでくれる人が出てきてくれることを皆さん熱望されているのでしょうね。

 

スポンサーリンク

廣中邦充が出演!『ザ・ノンフィクション』2月2日

▼番組の情報はこちら

ザ・ノンフィクション モモコと熱血和尚 ~おじさん、ありがとう~

熱血和尚の元に預けられた15歳の非行少女・モモコ▼仲間たちとも打ち解け更生を誓うのだが…4カ月後、寺から姿を消してしまう▼「平成の駆け込み寺」11年の映像記録

廣中邦充和尚と出会いモモコさんはどうなったのか・・・番組の放送が待ち遠しいです。

スポンサーリンク

廣中邦充の家族は?息子や妻の現在を調査!『ザ・ノンフィクション』2月2日まとめ

 

この記事では、『ザ・ノンフィクション』に出演されていた廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚のことやご家族のこと

廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚の結婚した妻(嫁)である奥さまのことや子供さんである息子さんについて調べたことをまとめました。

◇廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚は愛知県岡崎市出身で、2019年4月16日に肺がんのため亡くなられている。
10代の頃はかなりの不良だったようで高校を退学にまでなった経歴があるそうです。

◇廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚の妻(嫁)である奥さまは、待子さんと言うそうです。
廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚とは中学の時からの同級生で、普段は看護師として働いており、その給料を平成の駆け込み寺「西居院」の経営に当てていたそうです。

◇廣中邦充(ひろなかくにみつ)和尚には、子供さんがいるそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ザ・ノンフィクション・過去の放送

 

 

テレビのこと
スポンサーリンク
まんぷくびより

コメント