矢島床子のプロフィールと経歴は?学歴・結婚・年収を調査!『セブンルール』

スポンサーリンク
テレビのこと

矢島床子のプロフィールと経歴は?学歴・結婚・年収を調査!『セブンルール』

2020年1月14日放送の『セブンルール』に矢島床子(やじまゆかこ)さんが出演されます。

『セブンルール』に出演される矢島床子(やじまゆかこ)さんは、助産師です。

助産師である矢島床子(やじまゆかこ)さんは、東京・国分寺市にある「矢島助産院」を開業しています。

助産師である矢島床子(やじまゆかこ)さんは、助産師として独立して以来、32年間で約5500人の赤ちゃんの誕生を見守り続けてきたそうです。

矢島床子(やじまゆかこ)さんの助産院「矢島助産院」の掲げる出産の考え方は、「大好きな人達と、好きな場所で、好きな体位で」。

分娩室は畳と布団のみで、分娩台を使わず、に自由な体勢で出産することができるそうです。
そのため「矢島助産院」は、出産希望者が絶えないそうです。

多くの妊婦たちからの信頼を集める矢島床子(やじまゆかこ)さんのセブンルールがどのようなものか、番組の放送が楽しみです^^

この記事では、『セブンルール』に出演される「矢島助産院」の助産師である矢島床子(やじまゆかこ)さんのプロフィール経歴についてや

矢島床子(やじまゆかこ)さんの出身高校や大学などの学歴について調べたことをまとめています。

助産師である矢島床子(やじまゆかこ)さんの結婚のことや子供さんのこと、気になる年収についても調査したことをまとめているので合わせてご覧いただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク

矢島床子のプロフィールは?『セブンルール』

 

『セブンルール』に出演される「矢島助産院」の助産師である矢島床子(やじまゆかこ)さんのプロフィールを紹介します。

矢島床子のプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

【番組出演のお知らせ】 いつもお世話になっております。 来週、2020年1月14日(火)23:20~セブンルールに出演させていただくことになりました。 私の日常や想いを撮っていただきました。 皆さまにご協力いただけたこと、感謝申し上げます。 夜分になりますが、是非ご覧いただけると嬉しいです。 来春、75歳になる老婆です。 物忘れが多くなり、身体の変化も感じています。 残りの人生、あと何年頑張れるかわかりませんが、女性に寄り添い、豊かなお産をこれからもスタッフたちと目指していきたいと思います。 助産院という場所でのお産の選択肢を、お一人でも多くの方に知っていただれば幸いです。 皆さま、是非ご覧ください!  矢島床子

矢島助産院(@yajimajyosanin)がシェアした投稿 –

 

 

名前:矢島 床子(やじま ゆかこ)
生年月日:1945年生まれ
年齢:74歳(2020年1月時点)
出身地:岐阜県郡山郡明宝村出身
職業:助産師・矢島助産院院長

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フィーリング・バース新版 心と体で感じるお産 [ 矢島床子 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/1/13時点)

楽天で購入

 

スポンサーリンク

矢島床子の経歴は?『セブンルール』

 

『セブンルール』に出演される「矢島助産院」の助産師である矢島床子(やじまゆかこ)さんの経歴を紹介します。

矢島床子の経歴

矢島床子さんは1945年に岐阜県の郡山郡明宝村に生まれます。

矢島床子さんが助産師の道を志したのは、看護学校1年の時だったそうです。

交通事故に遭ってしまった矢島床子さんは、生死の境をさまよい、自分は助かったのに友人は亡くなってしまいうという命の大切さを痛感したことで生まれる一番初めの瞬間に立ちあえ、命の尊さを日々痛感することができる助産師を目指します。

1970年には、日本赤十字社助産婦学校を卒業し日本赤十字社産院勤務、高山赤十字病院に勤務します。

1981年には、ラマーズ法を広めた三森孔子さんの三森助産院で助産婦修業を開始します。

三森孔子さんが亡くなられた後の1987年に、「矢島助産院」を開業し独立した矢島床子さんは、師匠である三森孔子さんから受け継いだ「切らないお産」を守り続けているそうです。

開業した当初は出張分娩のみの開業助産婦活動をしていたそうです。

1990年に東京・国分寺に「母と子のサロン矢島助産院」を開業します。

矢島助産院の掲げる出産の考え方は、「大好きな人達と、好きな場所で、好きな体位で」とのことで

分娩室は、畳と布団のみで分娩台を使わずに自由な体勢で出産することができ、更に2階には入院施設も完備して、生まれたばかりの赤ちゃんと数日間過ごすこともできるそうです。

そのため30年以上、新たな命の誕生に立ち会い続けてきた矢島床子さんの下には、親子2代で出産を任せる妊婦さんも多いとのことです。

 

 

 

 

「矢島助産院」の食事は開業以来25年間夫の公成さんが食事作りを担当されているそうです。

 

2002年にはNPO法人「お産サポートJAPAN」を設立。

2003年にはハンズの会(地域医療連携システム)立ち上げに関わる。

矢島床子さんは、32年間で約5500人の赤ちゃんの誕生を見守り続けてきたそうです。

現在も出産に関する勉強会や子育てに関する悩みを相談できるサロン等、3つの施設を運営し、お産後の女性達との付き合いを続けているそうです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 助産婦 自分らしく産む、女性らしく生きる / 矢島 床子 / 実業之日…
価格:1067円(税込、送料別) (2020/1/13時点)

楽天で購入

 

 

スポンサーリンク

矢島床子の学歴/高校・大学を調査!『セブンルール』

 

『セブンルール』に出演される「矢島助産院」の助産師である矢島床子(やじまゆかこ)さんの学歴、出身高校や大学について見ていきましょう。

矢島床子(やじまゆかこ)の学歴・出身高校は?

矢島床子さんの出身高校については調べてみたものの、残念ながら公表されていませんでした。

矢島床子さんは、日本赤十字社助産婦学校に進学されています。

恐らく高校卒業後だと思われますが、『セブンルール』番組放送中に矢島床子さんの出身高校について新しい情報が分かった際はこちらに追記していきます。

 

矢島床子(やじまゆかこ)の学歴・出身大学は?

矢島床子さんは、日本赤十字社助産婦学校卒業されているため大学には進学されていないと思われます。

スポンサーリンク

矢島床子の結婚・子供を調査!『セブンルール』

 

『セブンルール』に出演される「矢島助産院」の助産師である矢島床子(やじまゆかこ)さんはご結婚されているのでしょうか?

子供さんについても調査しました。

矢島床子さんは、ご結婚されています。
矢島床子さんさんの夫は公成さんといい、「矢島助産院」の食事作りを担当されているそうです。

矢島床子さんには2男1女の子供さんがいるそうです。
矢島床子さんの娘さんは矢島藍さんと言い、「矢島助産院」で矢島床子さんを支えているそうです。

スポンサーリンク

矢島床子の年収を調査!『セブンルール』

 

『セブンルール』に出演される「矢島助産院」の助産師である矢島床子(やじまゆかこ)さんの気になる年収は一体いくらくらいなのでしょうか?

 

一般的な助産師さんの平均年収は、約560万円とのことです。

引用:助産師になる方法や仕事内容、年収について

 

助産師さんになるには、看護師の資格を取得したあとに学校で学び国家資格に合格しなければなりません。

看護師の資格も国家資格ですが、それよりもはるかに難しいと言われています。

そのため助産師の資格保持者は同じ業務内容でも看護師よりも年収が多いことが特徴です。

上記で紹介した金額は、一般の病院に勤めている場合で、矢島床子さんは病院に勤めてはおらず、個人の助産院を開業されています。

施設代金や人経費のことを考えると小規模で経営している助産院であれば、一般の病院に勤めている助産師の平均年収よりも低いのかもしれません。

しかし、矢島床子さんの助産院は大変人気で、出産希望者が絶えないということと

また、出産に関する勉強会や子育てに関する悩みを相談できるサロン等、3つの施設の運営もされているそうなので

一般的な病棟勤務の助産師の平均年収よりもはるかに超えているのではないかと予想しています。

スポンサーリンク

矢島床子が出演!『セブンルール』

▼番組の情報はこちら

セブンルール【5500人の誕生に立ち会う74歳の助産師…壮絶出産現場に密着】

「大好きな人達と、好きな場所で、好きな体位で」32年で5500人の誕生を見守り続けた74歳助産師の7つのルールとは?そして赤ちゃん誕生の瞬間に密着!

 

番組の放送が楽しみですね^^

 

矢島床子のセブンルール!

 

①お産間際はみんなでカツ丼を食べる
②さらしにメッセージを書く
③汗のかき具合でお産の進みを見る
④料理はしない
⑤お産の後も付き合い続ける
⑥お産が進まない時は車でカーブを走る
⑦生きている限りお産に立ち会い続ける

 

スポンサーリンク

矢島床子のプロフィールと経歴は?学歴・結婚・年収を調査!『セブンルール』まとめ

 

この記事では、『セブンルール』に出演される「矢島助産院」の助産師である矢島床子(やじまゆかこ)さんのプロフィールと経歴についてや

矢島床子(やじまゆかこ)さんの出身高校や大学などの学歴について調べたことをまとめました。

助産師である矢島床子(やじまゆかこ)さんの結婚のことや子供さんのこと、気になる年収についても調査したことをまとめました。

◇矢島床子さんは、岐阜県出身で、年齢は1945年生まれの74歳です。

◇矢島床子さんの出身高校については公表されていませんでした。

◇矢島床子さんは、日本赤十字社助産婦学校卒業されているため大学には進学されていないと思われます。

◇矢島床子さんはご結婚されていています。
矢島床子さんの夫に関する情報は見つけることができなかったため、『セブンルール』番組放送中に何か分かったことがありましたら随時追記していきます。

◇矢島床子さんには2男1女の子供さんがいるそうです。
矢島床子さんの娘さんは矢島藍さんと言い、「矢島助産院」で矢島床子さんを支えているそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

家で生まれて家で死ぬ [ 三砂ちづる ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/1/13時点)

楽天で購入

 

 

セブンルール・前回の放送はこちら

 

 

★『セブンルール』過去の放送はこちらからどうぞ

 

テレビのこと
スポンサーリンク
まんぷくびより

コメント