お酒の適量と飲み方は?肝臓・すい臓の病気まとめ!NHKチョイス12月22日放送

スポンサーリンク

12月22日放送、「NHKチョイス@病気になったとき▽まとめSP

より、病気にならないためのお酒の適量飲み方についてまとめました。

 

 

スポンサーリンク

チョイス、お酒の適量とは?(1日)

 

お酒には、適量があります。

 

ビール … 中瓶1本
日本酒 … 1合
ワイン … 4分の1本
焼酎 … 0.6合
ウイスキー … ダブル1杯
                          (厚生労働省「健康日本21」より)

 

これらは、お酒によって将来肝臓が悪くならない「安全域」を示した表で、

過剰飲酒」とはこの表の3倍以上を5年間毎日飲んでいる人のことを言うそうです。

 

スポンサーリンク

チョイス、お酒の飲み方は?

 

お酒は、「休肝日を作って飲むのが良い」といわれていますよね!

これは肝臓がアルコールを処理する時間に24時間かかるため。

もしも毎日アルコールを飲んでいると、

24時間の処理を肝臓が毎日続けるということになり

そのため肝臓には1時間も休む時間がないからです。

肝臓には、休肝日を設けて肝臓の処理をなくし

肝臓が完全に休める目安、週に2日くらいの休肝日を設ける必要があります。

 

スポンサーリンク

チョイスを見た人のネットでの反応

 

番組放送後に追記します。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

お酒は、適量を!週2の休肝日を!年に一度の血液検査を!

 

年末年始、お酒を飲む機会が多い季節。

適切な量と飲み方を意識して、

いつまでも健康でいられるために

上手なお酒との付き合い方をしたいですね!

テレビのこと
スポンサーリンク
まんぷくびより

コメント