河岡義裕の経歴やプロフィール/大学・妻・子供を調査『情熱大陸』

スポンサーリンク
テレビのこと

河岡義裕の経歴やプロフィール/大学・妻・子供を調査『情熱大陸』

2020年4月12日放送の『情熱大陸』に河岡義裕(かわおかよしひろ)さんが出演されます。

『情熱大陸』に出演される河岡義裕(かわおかよしひろ)さんは、インフルエンザ、エボラウイルスを専門としているウイルス学者であり獣医学博士でもあります。

河岡義裕(かわおかよしひろ)教授は現在、世界的危機に直面している新型コロナウイルスの感染症対策専門家会議のメンバーとして提言を行っています。

この記事では、インフルエンザ、エボラウイルスを専門としているウイルス学者であり、現在新型コロナウイルスの感染症対策専門家会議のメンバーとして提言を行っている河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の経歴プロフィールを紹介しています。

河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の出身大学や出身高校などの学歴、河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の結婚(嫁)や子供さんについても調べたことをまとめて紹介しています。

 

スポンサーリンク

河岡義裕の経歴やプロフィール『情熱大陸』

 

インフルエンザ、エボラウイルスを専門としているウイルス学者であり、現在新型コロナウイルスの感染症対策専門家会議のメンバーとして提言を行っている河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の経歴とプロフィールを紹介します。

河岡義裕のプロフィール

 

 

名前:河岡 義裕(かわおか よしひろ)
生年月日:1955年11月14日
年齢:64歳(2020年4月時点)
血液型:A型
専門分野:ウイルス学
職業:ウイルス学者、獣医学博士

河岡義裕の経歴

 

河岡義裕教授は、高校卒業後は阪大学工学部に進学したいという思いを持ちながらも自身は数学と生物が苦手だったため北海道大学獣医学部に進学します。

大学院へと進学した河岡義裕教授は、武田薬品工業株式会社の研究所を見学に行きます。
その際に大学の研究施設との違いを目の当たりにした河岡義裕教授は、大学院で研究をするよりも就職して研究したいと思います。

しかし、大学院の修士課程修了の際に鳥取大学農学部獣医微生物学講座の助手として招かれた河岡義裕教授は一時は断りましたが、鳥取大学の教授の気持ちに応えることを決意し、鳥取大学農学部獣医微生物学講座の助手として研究や活動をされていました。

河岡義裕教授は2005年に同感染症国際研究センター長に就任します。1999年には、インフルエンザウイルスを人工合成するリバースジェネティクス(遺伝子操作系)を世界で初めて開発し、2006年にロベルト・コッホ賞を受賞しています。

2011年には紫綬褒章を授与。
2013年には米国科学アカデミー外国人会員。
2016年、日本学士院賞を受賞とその他にも数多くの賞を受賞されています。

河岡義裕教授はインフルエンザ生ワクチンや臨床試験を進めており、エボラウイルスワクチン開発にもこの技術が使われています。

ウイルスは人を選ばない

河岡義裕教授はこう言います。

現在は、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議のメンバーとして、提言を行っており、東京大学医科学研究所にてワクチン開発に取り組んでいます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

猛威をふるう「ウイルス・感染症」にどう立ち向かうのか (サイエンスNOW!) […
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/4/10時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

インフルエンザ危機(クライシス) (集英社新書) [ 河岡義裕 ]
価格:726円(税込、送料無料) (2020/4/10時点)

楽天で購入

 

 

河岡義裕教授の詳しい経歴と受賞歴です。

河岡義裕教授の経歴

 

・兵庫県立神戸高等学校卒業
・1978年、北海道大学獣医学部卒業
・1980年、北海道大学大学院修士課程修了、鳥取大学農学部助手
・1991年、聖ジュード・チルドレンズ・リサーチ・ホスピタル助教授
・1997年、ウィスコンシン大学マディソン校教授
・1999年、東京大学医科学研究所教授
・2004年、北海道大学創生科学研究機構客員教授
・2005年、東京大学医科学研究所感染症国際研究センター長、理化学研究所客員主幹研究員
・2007年、神戸大学客員教授
・2009年、京都大学客員教授

河岡義裕教授の受賞歴

 

・1991年、日本獣医学会賞
・2002年、野口英世記念医学賞
・2006年、文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)
・2006年、ロベルトコッホ賞
・2007年、武田医学賞2010年、日本農学賞・読売農学賞
・2010年、高峰記念第一三共賞
・2011年、内藤記念科学振興賞
・2011年、紫綬褒章
・2013年、米国科学アカデミー外国人会員
・2016年、日本学士院賞

 

 

 

スポンサーリンク

河岡義裕の大学・高校を調査『情熱大陸』

 

インフルエンザ、エボラウイルスを専門としているウイルス学者であり、現在新型コロナウイルスの感染症対策専門家会議のメンバーとして提言を行っている河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の出身大学と出身高校を紹介します。

河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の出身大学は?

 

河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の出身大学は、北海道大学です。

獣医学部を卒業されています。

河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の出身高校は?

 

河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の出身高校は、兵庫県立神戸高等学校です。

スポンサーリンク

河岡義裕の妻・子供を調査『情熱大陸』

 

インフルエンザ、エボラウイルスを専門としているウイルス学者であり、現在新型コロナウイルスの感染症対策専門家会議のメンバーとして提言を行っている河岡義裕(かわおかよしひろ)教授はご結婚されているのでしょうか?
河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の妻(嫁)や子供さんについても調査しました。

河岡義裕(かわおかよしひろ)教授はご結婚されており、妻(嫁)である奥様や子供さんがいるそうです。

河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の妻や子供さんについての情報は調べた限りでは見つけることができませんでした。

『情熱大陸』放送中に河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の妻や子供さんについてのお話があった際は、こちらに追記していきます。

スポンサーリンク

河岡義裕が出演『情熱大陸』

▼番組の情報はこちら

情熱大陸【河岡義裕/ウイルス学の世界的権威が、『今、伝えたい事』】

 

 

ウイルス学者/河岡義裕▽15年前『情熱大陸』で取材した彼を再訪「危機的状況ではあるが、ちゃんとやれば、乗り越えられる」一般の人に、防ぎ方を分かってもらうのが使命

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番組の放送が楽しみですね!

スポンサーリンク

河岡義裕の経歴やプロフィール/大学・妻・子供を調査『情熱大陸』まとめ

 

この記事では、インフルエンザ、エボラウイルスを専門としているウイルス学者であり、現在新型コロナウイルスの感染症対策専門家会議のメンバーとして提言を行っている河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の経歴とプロフィールを紹介しました。

河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の出身大学や出身高校などの学歴、河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の結婚について、妻(嫁)や子供さんについても調べたことをまとめました。

◇河岡義裕(かわおかよしひろ)教授は、インフルエンザ、エボラウイルスを専門としているウイルス学者であり、現在新型コロナウイルスの感染症対策専門家会議のメンバーとして提言を行っている。

◇河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の年齢は、64歳(2020年4月時点)

◇河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の出身地は、兵庫県神戸市中央区。

◇河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の出身大学は、北海道大学。

◇河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の出身高校は、兵庫県立神戸高等学校。

◇河岡義裕(かわおかよしひろ)教授はご結婚されており、妻(嫁)である奥様や子供さんがいるそうです。

『情熱大陸』放送中に河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の妻や子供さんについてのお話があった際は、こちらに追記していきます。

 

危機的状況ではあるが、ちゃんとやれば、乗り越えられる

河岡義裕(かわおかよしひろ)教授の言葉を信じて、今自分ができることをやっていきます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【4/20以降順次発送】 マスク 50枚 使い捨て 使い捨てマスク 白 白色 レ…
価格:3000円(税込、送料別) (2020/4/10時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送無【クーポンで最大30%OFF】洗えるマスク 3点セット マスク 男女兼用 ウ…
価格:1000円(税込、送料無料) (2020/4/10時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【予約販売4月27日〜5月1日発送予定】マスク 50枚 3層構造 送料無料 サー…
価格:2780円(税込、送料無料) (2020/4/10時点)

楽天で購入

 

 

テレビのこと
スポンサーリンク
まんぷくびより

コメント