新潟地震/停電の復旧はいつ?新幹線の運行状況についても!【新潟山形2019】

スポンサーリンク

2019年の6月18日、22時22分ごろに新潟県村上市で震度6強の地震がありました!

 

 

山形県沖を震源とするマグニチュード6.8という大変危険なものだそうです。
津波注意報も出ていましたね!
※現在は解除されています。

震度6という地震の影響で山形県と新潟県では、9100戸が停電ということで不安な夜を過ごされていることを思うと心が痛いです。

この記事では、新潟地震の停電はいつ復旧するのか?

また、上越新幹線燕三条―新潟間に「とき480号」が足止めとなっているとのことで
新幹線の運行状況についても調べたことをまとめました。

 

スポンサーリンク

新潟地震/停電の復旧はいつ?【新潟山形2019】

新潟地震2019での停電の復旧はいつなのでしょうか?

現在ご家庭で停電されている方は一刻も早く知りたいと思います!

しかしながら、現時点では新潟地震での停電の復旧がいつなのかは確認することができませんでした。

最新の情報が入り次第こちらに追記していきます!

 

こちら、今回の新潟地震2019に対してのYahoo!ニュースで名古屋大の鈴木康弘教授による見解を引用させていただきました。

 

18日夜に起きた最大震度6強の地震について、名古屋大の鈴木康弘教授(変動地形学)は「日本海の海底には、海岸線に沿って活断層がつらなる変動帯があり、その中の一部で起きた地震ではないか」と指摘する。この変動帯の近くでは過去に、新潟地震(1964年、マグニチュード7・5)と日本海中部地震(83年、同7・7)が起きている。鈴木教授は「二つの地震と比べると、今回の地震の規模は少し小さいので、今後さらに大きな地震が起こる可能性は否定できない。数日間は警戒しておく必要がある」と述べた。

東北大の遠田晋次教授(地震地質学)は「日本海は、新潟県沖から北海道西方沖にかけて、断層が密集し、ひずみが集中しており、この規模の地震が起きることは想定されている」と指摘した。そのうえで、「心配されていた山形県沖の(想定される地震の)空白域とは違うようだ。現時点の情報だと、新潟地震の震源域の北端で起きたように見える。名前が付いた主要な断層ではなく、知られていない断層が動いた可能性も考えられる」と語った。

 

気象庁によりますと、今後も大きな揺れを伴う地震が発生する恐れがあり、警戒が必要とのことです。

また、新潟県や山形県では19日に雨が降ることが予想されているそうなので
土砂災害など十分にご注意くださいとのことでした。

 

スポンサーリンク

新潟地震/新幹線の運行状況について【新潟山形2019】

新潟地震で新幹線ときの運行状況についてですが
こちら調べてみたところ

現在上越新幹線は、地震の影響で燕三条~新潟駅間の上下線で運転を見合わせているとのことで運転再開は0時20分頃を見込んでいるとのことでした。

JR東日本によると上越・東北・北陸新幹線、すべて運転再開したとのことです。

運転を見合わせていた上越新幹線は、19日午前0時47分に全線で運転を再開し

地震の影響で福島駅と山形県の新庄駅の間の上下線で運転を見合わせていた山形新幹線は、午前2時38分に運転を再開したとのことで、乗客はすでに下車し、バスで輸送しているということです。

これにより、地震の影響で運転を見合わせた東北・秋田・山形・上越の各新幹線はすべて運転を再開したということになります。

JR東日本は、線路などに異常がないことが確認した後に
19日の始発から新幹線は平常どおりに運転するそうです。

スポンサーリンク

新潟地震/停電の復旧はいつ?新幹線の運行状況についても!【新潟山形2019】まとめ

新潟地震の停電の復旧がいつなのかは、現時点では確認することができませんでした。

情報をお伝えできず申し訳ありません。

地震のあった地域の方が無事で、停電で大変不便な状況だと思います。
また、余震や再び大きな地震がくることもあるかもしれません。
まだ安堵はできない状況だと思われますが、一刻も早く停電が復旧し
震災された方の心が少しでも休まることを願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

テレビのこと
スポンサーリンク
まんぷくびより

コメント