俵万智の子供の父親は佐佐木幸綱?息子の言葉が面白い!【宮崎移住】1月5日放送『東京に住むのヤメました』

スポンサーリンク
テレビのこと

1月5日放送『訳あって…東京に住むのヤメました』に

俵 万智(たわら まち)さんが、出演されていました。

歌人、エッセイストとして活躍していて

現在、移住されて宮崎県で暮らしているそうです。

そんな、俵万智さんの子供ことや父親のこと

気になる噂を調査しました。

 

スポンサーリンク

俵万智の子供の父親は佐佐木幸綱?

 

俵万智のプロフィール

 

名前   :俵 万智(たわら まち)

生年月日 : 1962年12月31日

年齢   : 56歳(2019年1月時点)

出身   : 大阪府 大阪市

学歴   : 福井県立藤島高等学校、 早稲田大学

職業   :歌人

代表作  :

『サラダ記念日』(1987年)
『チョコレート革命』(1997年)

主な受賞歴:

角川短歌賞(1986年)
現代歌人協会賞(1988年)
紫式部文学賞(2003年)
若山牧水賞(2006年)

 

 

俵万智さんには、息子さんがいます。

2003年11月に出産されていて現在は16歳ということですから

高校生になるのですね!

しかし、夫の存在は明らかにはなっていません

俵さん未婚で出産されシングルマザーとして

子供を育てました。

俵さん自身が、人工授精による出産をされたと明かしています。

一部ネットなどの噂では、俵さんの夫は過去に仕事で一緒になったカメラマンではないかとも言われていますが

確かな証拠はないです。

佐佐木幸綱とは?

調べてみると、俵さんの夫は、佐佐木幸綱さんなのでは?という噂があるようですが

これも間違いです。

 

佐佐木幸綱さんは、俵さんが在籍していた時、早稲田大学の教授でした。

俵さんは、大学時代、佐佐木教授の「日本文学概論」を受講したことがきかっけで

短歌を詠むようになったそうです。

俵さんのデビュー作「サラダ記念日」の編集にも深く関わっているそうです。

その後も師弟関係として交流は続き

現在、俵さんは、佐佐木教授主催の結社「心の花」主要メンバーで

俵さんにとって師匠といえる存在だそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

俵万智の息子の言葉が面白い!

現在、高校生になる俵さんの息子さんが

小学生の時に母親の俵さんとのやりとりです。

 

 

 

 

 

本当に小学生の発言!?と思えるほど面白いですね!

こちらの著書でもっと読むことができます♪

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ありがとうのかんづめ 子育て短歌ダイアリー [ 俵 万智 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/1/5時点)

楽天で購入

 

 

 

スポンサーリンク

宮崎で移住生活

俵さんは、東日本大震災を境に、宮崎県仙台市から沖縄県石垣島と引っ越され

2016年には、宮崎県宮崎市へ移住しました。

移住した理由は、仕事でも深い関わりがある場所

木城町にある観光スポット「木城えほんの郷」が大好きだからそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

俵万智さんの子供の父親不明

佐佐木幸綱さんとの関係は、大学の時の生徒と教授

現在も師弟関係が続いている。

現在、宮崎県に移住されている

 

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

テレビのこと
スポンサーリンク
まんぷくびより

コメント