梅酢の梅は食べられる?しわしわでないものや種と毒性についても

スポンサーリンク
気になること

この記事では、梅酢の梅は食べられるのか?について調べたことをまとめています。

毎年、梅の季節になると青梅を購入してお酢と氷砂糖に漬けています。
今年も梅酢を仕込みましたが、今年の梅酢はしわがあまりみられませんでした。

とみ
とみ

ふくらとした実のままの梅がお酢と氷砂糖の液に浸かっているいる状態のわが家の梅酢
この梅酢の梅は食べられるのでしょうか?

とても気になったため、梅酢の梅は食べれるのかについて調べてみました。

この記事を読むと

・梅酢の梅は食べれるのか?
・梅酢の梅はしわしわではないけど大丈夫なのか?
・梅酢の梅の種のことと毒性について

知ることができます。

スポンサーリンク

梅酢の梅は食べられる?

梅酢の梅は食べられるのでしょうか?

こちらについて調べてみたところ、

梅酢の梅は食べられるということが分かりました。

梅の実の毒性について

生の状態の青梅は毒性が強く、決してそのままで食べてはいけないと言われているため
梅酢に漬けた後の梅の実にも毒があるのでは?と思っていました。

一般的に言われていることが、梅酢や梅酒や梅干しなどに加工された梅の実は加工されることで生の梅にあったアミグダリンと言う毒性の物質がなくなるそうです。

そのため、梅酢の梅は食べることができます。

ただし、まだ漬けて浅い段階の時はこの毒性のアミグダリンが残っている場合もあるそうなので、注意が必要です。

青梅には実際に青酸化合物の毒が含まれています。
しかし、梅の毒は梅が熟すと無くなります。
青梅を砂糖に漬けることで毒が分解され、梅を熟させることで毒が少なくなるのです。

青梅を一度に食べた時の致死量は、大人では場合300個、子供だと100個と言われており
生の青梅を1粒食べたくらいでは体に悪影響をもたらすことはほぼないと言われています。

とみ
とみ

生の状態の青梅を食べることは推奨されていないので食べないようにしましょうね!

 

 

スポンサーリンク

梅酢の梅はしわしわでないけど大丈夫?

梅酢の梅はしわしわでないけど大丈夫なのかについても調べてみました。

梅酢の梅はしわしわでなくても大丈夫です。
逆にしわがあってもかまいません。

梅を漬けた時のしわは梅の個性で、梅の素材本来の特性や状態により出来上がりのしわも変わってくるそうなので、特に気にしなくて大丈夫です。

スポンサーリンク

わが家の梅酢はこんな感じです。

わが家の梅酢です。

 

 

しわしわではない実ですが、ふっくらとしていて美味しく食べています♪

 

とみ
とみ

ドリンクとして、水や炭酸水で割って飲んで疲労回復に効果が期待できる梅とお酢のクエン酸効果のおかげか、暑い日が続いていても毎日元気に過ごすことができています。

スポンサーリンク

梅酢の梅は食べられる?しわしわでないものや種と毒性についてものまとめ

この記事では、梅酢の梅は食べられるのか?について調べたことをまとめました。

また、梅酢の梅の実がしわしわになっていなくても大丈夫なのか?
梅酢の梅の種と毒性についても合わせて調べたことをまとめました。

・梅酢の梅は食べられる

・梅酢の梅の実のしわは梅本来の出来にもよるため、しわしわになっていなくても大丈夫

・生の梅にはアミグダリンと言う毒性の物質があるが、梅酢や梅酒や梅干しなどに加工された梅の実は加工されることで生の梅にあったアミグダリンと言う毒性の物質がなくなる。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

気になること
スポンサーリンク
まんぷくびより

コメント