ドワイト・ワーカーは女装して脱獄!現在は?妻、子供はいるの?「本当にあった(秘)ミステリー」12月26日放送

スポンサーリンク
テレビのこと

 

2018年12月26日放送、

本当にあった(秘)ミステリー」より世界で本当に起きた衝撃的事件!

メキシコ極悪刑務所から驚愕の女装作戦で脱獄に成功した

ドワイト・ワーカーさんのことについて調べてみました。

この記事では、刑務所に入った経緯脱獄方法脱獄後の現在のことなどを

書いています。

 

スポンサーリンク

ドワイト・ワーカーは女装して脱獄!現在は?妻、子供はいるの?

ドワイト・ワーカーが刑務所に入った経緯

 

事件は、1973年に起こりました。

ペルーのマチュピチュを旅行していた

アメリカ人の大学生ドワイト・ワーカーさんは

違法薬物である「コカイン」密輸の話に乗ってしまいました。

ドワイトさん、医師を目指していましたが、貧乏でお金に困っていたそうです。

見つからずにアメリカへ運べば大金が手に入る!と軽い気持ちで思ったのが

後に大きな仇となるとは知らずに、犯罪に手を染めてしまいました。

 

ドワイトさんは、医師を目指していた知識を活かし

コカインをギプスに入れてアメリカに持ち込む方法を思いつきました。

荷物検査では、ギプスのことを怪しまれず、バレずにクリアしますが

その後、刑事にあっけなく取り押さえられます。

聴取室へ連れていかれたドワイトさんは、

ギプスの中までは見られないだろうと思っていましたが

電動工具で固いギプスを解体され、

コカインがギプスの中に潜ませていたことが暴かれてしまいました。

 

警察は、ドワイトさんにスペイン語で書かれた1枚の文書に

サインするよう言い渡しましたそうです。

アメリカ人のドワイトさんは、

スペイン語の知識が全くなかったため拒否しますが

警察は強制的にサインをさせようと

電流が流れている棒でドワイトさんを拷問にかけます。

そして、拷問に耐えかねたドワイトさんは、

何が書かれているかわからずに

そのまま文書にサインをしてしまいました。

 

この文書は、裁判を行うことなく刑務所で5年の刑期を認める!

という契約書だったことが後に分かるのでした。

 

ドワイト・ワーカーが脱獄した刑務所とは?

 

収容された場所は、刑務所内で年間200件も!殺人事件が発生するという

レクンベリ(Lecumberri)刑務所」でした。

入獄直後に、ドワイトさんは、

いきなり囚人の1人にナイフで腹部を刺され、

1週間の入院をしたそうです!

ドワイトさんは、その後9か月間、

このレクンベリ刑務所でなんとか生き延び、

最終的に、看守に月100ドルの賄賂を払うことを条件に

安全な独房に入ることに成功したそうです。

 

服役中に出会った女性と恋に落ちたドワイトさん

 

ドワイトさんの友人が、そのまた友人

バーバラ・ホワイトさんという女性を連れて面会に来た日。

2人はお互いに恋に落ちてしまいます

そして付き合うようになり、面会を重ねて愛を育んでいきました。

 

スポンサーリンク

ドワイト・ワーカーの脱獄方法とは?

 

2人は脱獄を考えます。

2人が考えた脱獄方法は、ドワイトさんが女装をし

面会人になりすまして脱獄するというものでした

 

女装に必要な材料は、化粧品、カツラ、洋服。

そこで、刑務所の近くに家を借りたバーバラさんは、

ドワイトさんの体のサイズに合う服を作り、

それを自分で着て面会に行き、ドワイトさんに渡すことに成功しました。

 

メキシコには変わった法律があったのです。

それは、妻が脱獄の助けをしても罪にはならない!という変わった法律。

刑務所内で結婚してしまえば、脱獄してもドワイトさんはともかく、

バーバラさんの罪にはなりません。

そこで、ドワイトさんは、バーバラさんと結婚することを決め、

彼女に手作りの指輪を渡しました。

レクンベリ刑務所では、刑務所内で入籍することが可能であり、

2人が入籍した日は、偶然にも脱獄しようと計画した日と同じ12月17日でした。

計算尽くされた計画と、用意周到な準備、運もあってか

見事、脱獄は成功します!

 

スポンサーリンク

ドワイト・ワーカーの現在、妻・息子は?

 

脱獄から40年以上経過していますが、

メキシコ政府はアメリカに

ドワイトさんの送還要求はしていないそうです。

 

1988年にバーバラさんとドワイトさんは離婚しています。

 

ドワイトさんには、息子と娘さんがいるそうです。

 

ドワイトさんは、PTSDと闘っているそうです。

 

 

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder)とは

「心的外傷後ストレス障害」のこと

強烈なショック体験、強い精神的ストレスが、こころのダメージとなって、時間がたってからも、その経験に対して強い恐怖を感じるものです。 震災などの自然災害、火事、事故、暴力や犯罪被害などが原因になるといわれています。

PTSD|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

 

スポンサーリンク

終わりに

 

安易な気持ちでお金欲しさに麻薬の密輸に手を貸したためがゆえに

このような過酷な運命を歩んだドワイト・ワーカーさん。

同情してしまう気持ちもありますが

犯罪は絶対に駄目だと思います。

自分の犯した過ちと、病気と闘いながら

これからも罪を償って

正しい道を歩んでほしいと願っています。

テレビのこと
スポンサーリンク
まんぷくびより

コメント