小澤詠子(看護師)の経歴は?高校・大学・夫・子供について調査!『セブンルール』9月3日放送

スポンサーリンク
テレビのこと

2019年9月3日放送の『セブンルール』に小澤詠子(おざわうたこ)さんが出演されます。

『セブンルール』に出演される小澤詠子さんは、看護師です。

『セブンルール』に出演される小澤詠子さんは一般的な病院に勤務をしている看護師ではなく、瀬戸内海の離島・豊島にいる唯一の常勤看護師なのです。

小澤詠子さんが看護師として常勤されている瀬戸内海の離島・豊島は、香川県高松市からフェリーで30分にあるところで

人口約800人のうち半数以上が高齢者という過疎化が深刻な島です。

この島にある唯一の常勤看護師として患者と向き合う小澤詠子さん。

島の人たちからは「詠ちゃん」の愛称で親しまれ、島のお年寄りの命を支える存在でもある小澤詠子さん。

『セブンルール』では、あらゆることに精力的な姿勢を見せながらも、優しい笑顔を絶やさない小澤詠子さんに密着するとのことです。

この記事では、『セブンルール』に出演される瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんのプロフィール情報経歴についてや

『セブンルール』に出演される瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんの出身高校大学などの学歴

『セブンルール』に出演される瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんの子供さん、結婚のことや家族について調べたことをまとめています。

 

 

セブンルール・前回の放送

 

 

 

スポンサーリンク

小澤詠子(看護師)の経歴は?『セブンルール』9月3日放送

 

『セブンルール』に出演され瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんのプロフィール経歴についてみていきましょう。

 

小澤詠子(看護師)のプロフィール

 

 

 

名前:小澤 詠子(おざわ うたこ)
生年月日:-
年齢:39歳(2019年9月時点)
出身地:大阪府
居住地:香川県
学歴:立命館大学 経営学部 卒
小豆島准看護学院 卒
高松市医師会看護専門学校 卒
家族:夫、子2人
職業:看護師

 

 

 

 

 

 

小澤詠子(看護師)の経歴

 

『セブンルール』に出演され、瀬戸内海の離島・豊島の唯一の診療所に看護師として常勤されている小澤詠子さんは、大阪で生まれ育ちます。

小澤詠子さんは、幼い頃から看護師になることが夢だったそうです。

小澤詠子さんが高校生の時に父親が癌に侵され亡くなってしまいます。

父の闘病中に担当だった看護師の言動にショックを受けた小澤詠子さんは、看護師になりたいという夢を閉ざしてしまったそうです。

小澤詠子さんは大学は、立命館大学に進学し環境学を専攻します。

その際に産業廃棄物の調査で訪れた豊島で看護師の夢が再燃した小澤詠子さんは、大学卒業後に豊島にに移住看護師免許を取得します。

小澤詠子さんが常勤されている瀬戸内海の離島・豊島の唯一の診療所を訪れる患者さんのほとんどが70~90歳代の高齢者だそうです。

そんな患者さんたちの異変にいち早く察知できるという小澤詠子さん。
それは、「言葉の薬」だと言います。

小澤詠子さんは現在、高松で暮らす一方、豊島にも居をかまえ、状況により帰る家を選択するという生活を続けているそうです。

どんな状況でもあらゆることに精力的な姿勢で、優しい笑顔を絶やすことのない小澤詠子さんなのでした。

 

小澤詠子が看護師になったきっかけは?

 

小澤詠子さんが大学生の時のことです。

立命館大学に通われていた小澤詠子さんは、大学のサークル活動の一環で産業廃棄物の不法投棄が深刻な問題となっている豊島を訪れたそうです。

その時に豊島の人から「今学んだことをこれからどう活かすのか?」と問われ答えることができずに以来、自分自身に問い考える毎日だったそうです。

大学卒業後に高松市内の医療機関に就職した小澤詠子さんは、週末に豊島に通っていたそうです。

その時に小澤詠子さんは、豊島の深刻な過疎化をまのあたりにします。

そして、いつかは豊島に看護師が1人もいなくなってしまう現実に気付きます。

こうした考えを自身の中で巡らせ考えた結果、2009年小澤詠子さんが29歳の時に小豆島准看護学校に入学し

2011年に准看護師の資格を取得し幼い頃からの夢だった看護師になったのでした。

それから小澤詠子さんは同年の2011年4月に、高松市医師会看護専門学校に入学し

2014年3月に正看護師の資格も取得されています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

看護師・看護学生のためのレビューブック 2020 [ 岡庭 豊 ]
価格:5832円(税込、送料無料) (2019/9/3時点)

楽天で購入

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

透明なゆりかご DVD-BOX [ 清原果耶 ]
価格:12863円(税込、送料無料) (2019/9/3時点)

楽天で購入

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】透明なゆりかご <1−7巻セット> / 沖田×華(コミックセット)
価格:3640円(税込、送料無料) (2019/9/3時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

小澤詠子(看護師)の高校は?『看護師/セブンルール』9月3日放送

 

『セブンルール』に出演される瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんの出身高校についてみていきましょう。

『セブンルール』に出演される瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんの出身高校については、調べてみたものの情報が公表されていないため分かりませんでした

申し訳ありません。
小澤詠子さんのご出身が大阪とのことなので、地元大阪の高校に通われていたのではと思っています。

『セブンルール』番組放送時に小澤詠子さんの出身高校について情報が分かった際は、こちらに追記していきます!

 

 

スポンサーリンク

小澤詠子(看護師)の大学は?『看護師/セブンルール』9月3日放送

 

『セブンルール』に出演される瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんの出身大学についてみていきましょう。

『セブンルール』に出演される瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんの出身大学は、立命館大学です。
経営学部を卒業されています。

2003年、立命館大学を卒業されからは医療系の仕事に就きますが、29歳の時に看護師になるために

2009年4月、小豆島准看護学院に入学し准看護師の資格取得

准看護師として診療所で勤務を始めた後

2011年4月、高松市医師会看護専門学校に入学し正看護師の資格を習得されています。

 

 

 

スポンサーリンク

小澤詠子(看護師)の夫は?『看護師/セブンルール』9月3日放送

 

『セブンルール』に出演される瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんの結婚したである旦那さんについてみていきましょう。

『セブンルール』に出演される瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんの結婚した夫である旦那さんは、介護の仕事をされている拓也さんという方です

『セブンルール』番組放送中に、小澤詠子さんの夫である旦那さん・拓也さんとの馴れ初めなどが紹介されていた時は、こちらに追記していきますね!

 

 

スポンサーリンク

小澤詠子(看護師)の子供について調査!『看護師/セブンルール』9月3日放送

 

『セブンルール』に出演される瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんの子供さんについてみていきましょう。

『セブンルール』に出演される瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんには、2人の子供さんがいます

2015年に誕生した長男は、周(あまね)ちゃんというそうです。

2015年は、小澤詠子さんは大学院に通われていた時期でもあったそうで、大学院の夜間授業を受けるために豊島での仕事を終えると船で高松市の大学院へいき勉強していました。

大学院に通い始めたころに長男の周(あまね)ちゃんを授かったそうで、仕事と勉強と育児をしながらの目まぐるしい日々だったそうです。

育児休暇は5カ月後だったそうで、すぐに仕事に復帰されています。

現在は、夫である拓也さんとお子さん2人と高松で暮らす一方で、豊島にも住居をかまえ、状況により帰る家を選択するという生活を続けているそうです。

 

 

スポンサーリンク

小澤詠子(看護師)の勤務先・瀬戸内海の離島豊島とは?『看護師/セブンルール』9月3日放送

 

『セブンルール』に出演される瀬戸内海の離島・豊島(てしま)の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんが常勤されている

香川県からフェリーで30分の場所にある、瀬戸内海の離島・豊島(てしま)の場所はこちらです。

 

 

豊島は香川県の一部で、有名な湧き水「唐櫃の清水」が湧いてあり、豊島美術館や豊島横尾館など、食とアートが注目されている島です。

観光客も多いそうで、豊島の古き良き街並みを自転車をレンタルし楽しむことも人気だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】豊島産 初摘み板海苔 50枚 【海藻・のり】
価格:8000円(税込、送料無料) (2019/9/3時点)

楽天で購入

 

 

 

 

スポンサーリンク

小澤詠子(看護師)『セブンルール』9月3日放送

▼番組の情報はこちら

 

【過疎化が進む離島の命を支える看護師】09.03セブンルール

 

セブンルール【皆の最期見送りたい…瀬戸内海過疎の島で800人の命支える看護師】

 

瀬戸内海の離島・豊島にいる唯一の常勤看護師に密着!「うたちゃん」の愛称で親しまれ、過疎地のお年寄りに寄り添い続ける彼女のセブンルールとは…?

 

瀬戸内海に浮かぶ離島・豊島(てしま)。香川県高松市からフェリーで30分、人口約800人のうち半数以上が高齢者という、過疎化が深刻な島だ。この島にある唯一の診療所で、たった1人の常勤看護師として患者と向き合う女性がいる。小澤詠子。「うたちゃん」の愛称で親しまれる、島のお年寄りの命を支える存在だ。 大阪で生まれ育った彼女は、幼い頃から看護師になることが夢だった。しかし高校生の時、父が癌に侵され亡くなってしまう。その父の闘病中に、担当看護師の言動にショックを受け、その夢を閉ざしてしまった。大学では環境学を専攻。産業廃棄物の調査で訪れた豊島で、看護師の夢が再熱し、大学卒業後に豊島に移住し、看護師免許を取得した。 診療所を訪れる患者のほとんどが70~90歳代の高齢者。そんな患者達の異変を一早く察知できる、彼女ならではの「言葉の薬」がある。 家庭では夫と幼い2人の子どもと共に高松で暮らす一方、豊島にも居を構え、状況により帰る家を選択するという生活を続けている。あらゆることに精力的な姿勢を見せながらも、優しい笑顔を絶やさない。そんな小澤のセブンルールとは…?

 

 

小澤詠子(看護師)のセブンルール!

 

 

①毎日 患者と世間話をする

②島民に24時間対応の携帯番号を教える

③週3日 夕飯はチャーハン

④移動のときはリュックサック

⑤オリジナルの住民MAPを作る

⑥月に2回 東京に行く

⑦机の上に父のはがきを飾る

 

 

 


 

 

スポンサーリンク

小澤詠子(看護師)の経歴は?高校・大学・夫・子供について調査!『看護師/セブンルール』9月3日放送 まとめ

 

この記事では『セブンルール』に出演される瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんのプロフィール情報と経歴についてや

『セブンルール』に出演される瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんの出身高校や大学などの学歴

『セブンルール』に出演される瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師である小澤詠子さんの夫や子供さん、結婚のことや家族について調べたことをまとめました。

小澤詠子さんは、瀬戸内海の離島・豊島の唯一の常勤看護師

小澤詠子さんの出身高校は、公表されていませんでした

小澤詠子さんの出身大学は、立命館大学

小豆島准看護学院で准看護師の資格取得

高松市医師会看護専門学校で正看護師の資格取得

香川県立保健医療大学大学院入学

小澤詠子さんは、ご結婚されていて夫は福祉の仕事をしている拓也さん

小澤詠子さんには、子供さんが2人います

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

セブンルール・過去の放送

 

 

 

 

 

テレビのこと
スポンサーリンク
まんぷくびより

コメント