東京オリンピック子供料金は何歳から必要?みんなで応援チケットについての注意点も

スポンサーリンク
ニュースのこと

東京オリンピックの観戦チケットの予約販売が開始されましたね。就学前の子供をもつ親として疑問があります。「東京オリンピックの子供料金は何歳から必要?」で「家族向けのチケットはあるのか?」

また、小学校・中学校・高校生の料金はあるのでしょうか?

そして、かぞく向けにとお得で東京オリンピックを観戦することができるという『東京2020みんなで応援チケット』についても調べたことや注意点をまとめました。

 

スポンサーリンク

東京オリンピック子供料金は何歳から必要?

東京オリンピックの子供料金は、2歳以上から必要です。

2歳を超えていますと、幼児・子供でもチケットの購入が必要となります。
2歳未満(1歳以下)であれば東京オリンピックのチケットは必要ありません。

しかし、注意しなければならないことがあります!

東京オリンピック公式サイトの注意事項によりますと、チケット保有者1名につき2歳未満(1歳以下)の幼児がチケット不要の対象になるとのことです。

したがって、2歳未満(1歳以下)の子供が2人いれば超過した人数分のチケットを購入する必要があります

また、座席のない立ち見の場合でも同様の考え方でチケットを購入する必要があります。

東京オリンピックチケット購入対象年齢は、チケットを購入時ではなく参加競技の開催日の時点で計算すること

 

 

スポンサーリンク

東京オリンピック子供料金はいくら?

東京オリンピック2020の子供料金はいくらなのでしょうか?

実はオリンピックのチケットは基本、大人・子供・幼児関係なく一律同じ金額になります。

子供料金があるとばかり思っていたのでこれは意外でした!

※注意 各競技のセッションや席の種類によっては金額の変更があるそうです。

 

スポンサーリンク

東京オリンピック『東京2020みんなで応援チケット』とは?

東京オリンピックを小さな子供や高齢の祖父母と一緒に観戦したい!という人のために

また、家族だけでなくグループで観戦したいという人向けにお得なチケットがあることをご存知でしょうか?

それが、『東京2020みんなで応援チケット』です!

『東京2020みんなで応援チケット』とは、条件を満たすことができれば、高額と言われる開会式や閉会式の1人あたりのチケット料金は格段に求めやすくなり再安価で参加・観戦ができるというグループチケットになります。

ただし注意点があり、開会式・閉会式・決勝戦のメダルセッション・予選などのセッションによって購入できる枚数に限度があります。

 

●閉会式・・・4枚
●決勝戦などのメダルセッション・・・6枚
●予選などのセッション・・・8枚
スポンサーリンク

東京オリンピック『東京2020みんなで応援チケット』の値段は?

東京オリンピック『東京2020みんなで応援チケット』の値段は、1枚2,020円です!

意外な金額で驚きました!
東京オリンピック2020に合わせてこの金額設定にしたようです。
この金額でしたら参加できそうですよね^^

事項では、東京オリンピック『東京2020みんなで応援チケット』の参加条件についてみていきましょう!

 

スポンサーリンク

東京オリンピック『東京2020みんなで応援チケット』の参加条件は?

東京オリンピック『東京2020みんなで応援チケット』を購入してオリンピック観戦をするための条件はこちら

 

12歳以下の子供・60歳以上のシニアの方・障がい(車いすユーザーを含む)のある方

 

いずれか1名以上を含むことが『東京2020みんなで応援チケット』を購入できる参加条件です。

この制度は子供がいる家庭には大変うれしいものですね!
手軽な価格で気軽に楽しめるのでしたら小さな子供がいても応援に行きたい!となります。

倍率は高いかもしれませんが、抽選なので申し込みだけでもしておきたいですよね^^

 

スポンサーリンク

東京オリンピック『東京2020みんなで応援チケット』座席の指定はできる?

価格も手ごろでお得に東京オリンピックを観戦できる『東京2020みんなで応援チケット』ですが、競技や座席の指定はあるのでしょうか?

こちら調べてみました。
東京オリンピック公式サイトによると、『東京2020みんなで応援チケット』の対象は、各競技・会場の最下位券種エリアということです。

通常のオリンピックチケット購入時は、参加するイベントや観戦したい競技を決めた後に座席の種類(ランク)を選択することができますが

こちらの『東京2020みんなで応援チケット』では座席を選択し指定することはできないのです。

しかし大変安価な価格で、家族や友人などとグループ観戦できるというメリットは魅力的ですよね!

 

スポンサーリンク

東京オリンピック『東京2020みんなで応援チケット』観戦できる競技は?

 

東京オリンピック『東京2020みんなで応援チケット』はどんな競技を観戦することができるのでしょうか?

こちら調べてみますと、オリンピック公式サイトでは「開会式・閉会式・予選を中心とした全競技セッション」とのことが記載されていました。

一体どういうことかと言いますと、例えばバトミントンの競技ですと、

●男女予選
●男女準々決勝・準決勝・3位決定戦
●男女決勝

の3つのセッションに分かれていて、『東京2020みんなで応援チケット』で観戦できるのは男女予選のみということでした。

また、スケートボードは予選と決勝が同じセッションになっているので、『東京2020みんなで応援チケット』でメダル表彰式まで見ることができます。

チケットの仕組みがなんとなく分かってきました^^;
安価な値段でもメダルの表彰式まで見れることは嬉しいですよね!

 

スポンサーリンク

東京オリンピック『東京2020みんなで応援チケット』注意点は?

 

東京オリンピックの観戦チケット『東京2020みんなで応援チケット』はグループチケットですので、入場の際はグループ全員の本人確認を済ませ、全員が揃っての会場入場となります。

 

12歳以下の子供・60歳以上のシニアにつきましては、チケット購入時ではなく購入するチケットのイベント又は競技開催日時点で計算すること。

 

2歳未満(1歳以下)で席を使用しない場合はチケットの購入は必要はありませんが、『東京2020みんなで応援チケット』の条件の対象となる場合は2歳未満(1歳以下)の幼児でもチケット購入が必要になる。

 

スポンサーリンク

東京オリンピック子供料金は何歳から必要?みんなで応援チケットについての注意点もについてのまとめ

・東京オリンピックのチケットは、幼児・子供・大人料金はなく一定の金額。
・年齢の計算は全てチケット購入時ではなく、購入したチケットのイベント・競技の開催日時点の年齢で計算すること
・2歳未満(1歳以下)であればチケット保有者1名につき幼児1名のチケットは不要(無料)となるが、超過する幼児(2人目)からは通常のチケット料金が発生する。
・『東京2020みんなで応援チケット』の対象者が2歳未満(1歳以下)の場合は席の使用不使用に関わらずチケット購入代金2,020円が必要。
・『東京2020みんなで応援チケット』では開閉会式と予選を中心とした全競技セッションに参加または観戦することができる。
開閉会式・ 決勝戦等のメダルセッション・ 予選等のセッションで購入できる枚数には限度がある。
・『東京2020みんなで応援チケット』の座席希望は指定できない。各競技・会場の最下位券種エリアのみとなっています。
最後まで読んでいただきありがとうございました^^
ニュースのこと
スポンサーリンク
まんぷくびより

コメント